アトピーを引き起こす原因は洗剤にある|肌に優しい成分を選ぼう

花びらに囲まれた女性

肌に優しい日用品

アトピー性皮膚炎を罹患する方の間で、添加物を含まない洗剤が人気です。洗剤や化粧品などの日用品に含まれる、香料や鉱物油、着色料などはアレルギー症状を起こす可能性があり、無添加の洗剤などを使用することで、それを防ぐことができると考えられています。

詳しくはこちら

衣類の洗濯に使用するもの

アトピー性皮膚炎は、肌の乾燥やさまざまな外部からの刺激でもかゆみを引き起こしてしまいます。そのため、薬による治療以外にも環境を清潔に保つなどの取り組みが必要です。洗濯洗剤は、合成洗剤よりも石鹸成分をメインにつくられた物のほうが肌の負担を減らすことができます。

詳しくはこちら

肌に優しい洗濯

アトピー性皮膚炎は子どもに多いで疾患です。思春期までに治る場合が多いのですが、大人になって発症する方もいます。洗剤も天然界面活性剤を使った肌に刺激の少ないものを選びましょう。オーガニックのものも良いでしょう。

詳しくはこちら

肌への刺激を減らすために

あなたのアトピーは洗剤が原因かもしれませんよ。改善する効果のあるものがこちらで紹介されていますので使ってみましょう。

アトピー性皮膚炎は、肌の乾燥やアレルギー反応によってかゆみがでる皮膚疾患です。アトピー性皮膚炎についての正しい知識を持つことで、症状を改善することができます。まず大切なのが肌の乾燥を保湿剤で改善することです。入浴後は最も肌の水分が失われやすいため、できるだけ早いタイミングで保湿ケアをおこなうことが大切です。また、過剰なアレルギー反応を抑えるために抗ヒスタミン剤を服用することでかゆみが軽減されます。何に対してアレルギー反応が起きているのかを知る必要があります。アトピー性皮膚炎の治療にはステロイド外用薬を処方されることがありますが、医師の処方や指示を守って使用することが大切です。指示以上の長期の使用は副作用のリスクがあるため注意が必要です。

普段使っている洗濯洗剤がかゆみの原因となっていることがあります。衣類は日常的に肌に触れている時間が長いため、衣類を洗った洗剤が刺激になっている場合は症状がなかなか改善されない場合があります。洗濯洗剤にはさまざまな成分が含まれていますが、そのなかの香料や安定化剤に過敏に反応してしまう人もいます。アトピー性皮膚炎の症状で悩んでいる人は、無添加やベビー用の洗濯洗剤を使うことで肌への刺激を減らすことができます。肌に触れるものでいえば、化粧品・日焼け止め・シャンプーなども含まれている成分ができるだけ少ないものを選ぶことで、肌への負担を軽減できます。日焼け止めに含まれる紫外線吸収剤によって肌荒れを起こす人もいるため、その場合は紫外線吸収剤フリーの商品を使用すると安心です。